2014年 3月 の記事

古代歌謡のお知らせ

古代歌謡講座の皆様へ

2014年3月30日(日)10.00-12.00

この日は、神楽歌から「庭火(にわび)、阿知女作法(あぢめさほう)、榊(さかき)、韓神(からかみ)」を歌いましょう。楽譜をお持ちください。まだお持ちでない方には、当日差し上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。石川高

春からはじめる、いにしえの歌

朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 新宿教室

古代歌謡講座 2014年4-6月期 新規受講のお知らせです

DSC_0207

この講座では、雅楽のなかの「歌物(うたもの)」のお稽古をします。雅楽というと、まず笙や篳篥などの楽器による音楽が思い起こされますが、実はたくさんの歌のレパートリーがあります。儀式で歌われる曲が多いため、あまり広く知られていませんが、日本で最も古くから伝承されてきた芸能であり、美しい曲もたくさん残されています。

雅楽の歌謡は「神楽歌(かぐらうた)」「大直日歌(おおなおびのうた)」「倭歌(やまとうた)」「大歌(おおうた)」「田歌(たうた)」「東遊(あずまあそび)」「久米歌(くめうた)」「誄歌(るいか)」「朗詠(ろうえい)」「催馬楽(さいばら)」から成り、すべてをあわせると六十数曲におよびます。これらを一年がかりで歌いますが、もちろん途中からの参加もok、いつでも歓迎です。

予備知識はまったく必要ありません。解説と楽譜を毎回お渡しします。楽譜は「博士(はかせ)」という、折線で音の高さを表したもので、五線譜は使いません。何曲か練習すれば、なるほどこういうことかとわかる、理解しやすい記譜法です。特別な発声法もありません。ただ自然に声を響かせます。

古事記、源氏物語や古今著聞集にも描かれる曲の数々を歌って想像をふくらませ、古の人々と心でつながってみましょう。歌は私達を特別な存在にしてくれます。

ただいま、2014年4-6月期のお申込を受付しております。

4月6日、4月20日、5月18日、6月1日、6月15日 すべて日曜日10.00-12.00

受講料(5回分)17280円  教材費 540円

能舞台のお部屋ですので、白いソックスか白足袋をお持ちください。

 

お申込先はこちらです;

朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 新宿教室
https://www.asahiculture.com/shinjuku/
「講座を探す」をクリックし
キーワードまたは講師名の指定に「古代歌謡」と入れて検索してください。

 

東国の芸能、「東遊」を歌う

古代歌謡講座の皆様

2014年3月16日(日)10.00-12.00

この日は「東遊(あずまあそび)」全曲を歌いましょう。楽譜をお持ちください。初めて歌う方には当日差し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。 石川高

この講座につきまして、詳しくはこちらをご覧ください。

朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 新宿教室
https://www.asahiculture.com/shinjuku/
「講座を探す」をクリックし
キーワードまたは講師名の指定に「古代歌謡」と入れて検索してください。

 

SNOWFLAKES ~ Winter Fantasy

 

春らしくなってきたので、この冬の思い出を。。。

I feel Spring is approaching

So this will soon become a memory of this winter

 

 

 

 

曲は 16 years later より”Winter Shore”

 

When I made this music, it reminded me of a vision

Many migratory birds are easing and relax at Winter lake shore

And now, it totally fit this video image

Just like some kind of Winter fantasy

 

「冬の湖で憩う渡り鳥たち」のイメージだったのですが、

この映像にピッタリでした。ちょっと冬のファンタジーみたいな。。。

 

 

 

TOP