2018年 6月 の記事

いにしえの歌への誘い


 

 

 

 

 

 

 

 

古代歌謡講座 2018年7-9月期 新規受講のお知らせです。

朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 新宿教室
2018年 7月1日、7月15日、8月5日、8月19日、9月2日、9月16日
すべて日曜日10.00-12.00
新宿住友ビル10階(〒163-0210 東京都新宿区西新宿2-6-1)
受講料(6回分)会員 21,384円  教材費 540円

この講座では、雅楽の「歌物(うたもの)」のお稽古をします。
雅楽というと、笙や篳篥など、楽器による音楽が思い起こされますが、
実はたくさんの歌のレパートリーがあります。
儀式で歌われる曲が多いため、あまり広く知られていませんが、
日本で最も古くから伝承されてきた芸能であり、美しい曲もたくさん残されています。

雅楽の歌謡は、
「神楽歌(かぐらうた)」
「大直日歌(おおなおびのうた)」「倭歌(やまとうた)」「大歌(おおうた)」「田歌(たうた)」
「東遊(あずまあそび)」「久米歌(くめうた)」「誄歌(るいか)」
「朗詠(ろうえい)」「催馬楽(さいばら)」
から成り、すべてをあわせると六十数曲におよびます。
これらを一年がかりで歌いますが、もちろん途中からの参加もok、いつでも歓迎です。

予備知識はまったく必要ありません。解説と楽譜を毎回お渡しします。
楽譜は「博士(はかせ)」という、折線で音の高さを表したもので、五線譜は使いません。
何曲か練習すれば、なるほどこういうことかとわかる、理解しやすい記譜法です。
特別な発声法もありません。ただ自然に声を響かせます

古事記や源氏物語に描かれる、
曲の数々を歌って想像の次元に遊び、
古の人々と心でつながってみましょう。
歌は私達を特別な存在にしてくれます

ただいま、2018年7-9月期のお申込を受付しております。
お申込先はこちらです;
朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 新宿教室
https://www.asahiculture.jp/shinjuku
頁右の「講座を探す」をクリックし
「フリーワードで検索」に「古代歌謡」と入れてください。

涼風颯々の声に驚く

古代歌謡講座のおしらせ
2018年7月1日(日)10.00-12.00

合同発表会「みなづきのうたまい」は、
おかげさまで、とても充実した素晴しい会になりました。
本当にありがとうございました。

再び新たな学期が始まります。
この日は、
催馬楽「蓆田(むしろだ)」と、七夕の朗詠「二星(じせい)」
そして、季節を先取りして朗詠「紅葉(こうよう)」を歌いたいと思います。
楽譜をお持ちください。まだお持ちでない方には当日差し上げます。

夏も、楽しく歌いましょう。よろしくお願いいたします。
石川高

「みなづきのうたまい」間近です

 

 

 

 

 

 

朝日カルチャーセンター 新宿教室
古代歌謡 右舞 合同発表会
みなづきのうたまい

2018年6月17日(日)12.30開場 13.00開演 入場無料

受講の皆様へ;

当日は、12時頃に、直接11階25号室、和室の御教室にお越しください。

楽譜と、青海波布つきの黒いTシャツをお持ちください。

どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/256313354933814/

 

雅楽の歌謡、舞を体験する絶好のチャンス!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日カルチャーセンター 新宿教室
古代歌謡 右舞 合同発表会
みなづきのうたまい

2018年6月17日(日)12.30開場 13.00開演 入場無料
新宿区西新宿2-16-1 新宿住友ビル11階25号教室(和室のお教室です。)

神楽歌「朝倉(あさくら)」、「大歌(おおうた)、田歌(たうた)」
右舞「登天楽(とうてんらく)、抜頭(ばとう)、林歌(りんが)」他

千年を越えて日本に伝えられてきた、雅楽の歌謡と舞。
古代歌謡、右舞(うまい)御稽古の成果を、発表いたします。
大嘗祭にゆかりのある歌も選びました。
御客様と共に歌い、舞を体験するコーナーもあります。
どうぞお気軽にお越しください。

水上のこころ流れてゆく水にいとど夏越の神楽おもしろ 壬生忠見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しらたま とるてこそ

古代歌謡講座のおしらせ
2018年6月3日(日)10.00-12.00

この日は、もう一度、
「大歌(おおうた)、田歌(たうた)」と、神楽歌「朝倉(あさくら)」
そして、朗詠「嘉辰(かしん)」を御稽古します。

たのしく歌いましょう。よろしくお願いいたします。
石川高

TOP